スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏原芳恵さん

松田聖子さんや河合奈保子さんと共に、1980年に「No.1」でデビューした柏原芳恵さん
私は林哲司さん作曲の「A・r・i・e・s」を聴いて、芳恵さんの歌に興味を持ちました
芳恵さんはとっても歌が上手ですし、どの曲を聴いても、感情が込められているのが伝わってきます。
当時の映像を見ると、見た目も歌声も大人っぽい芳恵さんですが、デビューした時はまだ中学生だったなんてびっくりです
代表曲「ハロー・グッバイ」や卒業ソング「春なのに」は幅広い年代に知られているんじゃないかなと思います。
「渚のシンデレラ」のような可愛いアイドルソングも好きですが、「あの場所から」や「花梨」のような歌謡曲路線の曲も大好きです
「最愛」や「し・の・び・愛」のように、大人びた内容の曲が多いですが、艶っぽく歌っていて素敵です
また、芳恵さんといえば、中島みゆきさんが楽曲提供をしたことで知られていますが、私はみゆきさんが提供した曲の中では「カム・フラージュ」と「ロンリー・カナリア」がお気に入りです
他にも芳恵さんの曲には、「ト・レ・モ・ロ」や「化石の森」など、好きな曲がたくさんありますが、私は「夏模様」が一番好きです
この曲は夏と同時に終わりを向かえた恋の歌で、とっても切ないです。
皆さんも機会があればぜひ聴いてみて下さい
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。